タクシー運転手の求人について

今日、タクシー運転手の求人をしている会社は全国各地にあり、そのようなサイトも数多くあります。現在では、異業種からの転職をする人も少なくないため、人気のある職業のひとつであると言えます。タクシー運転手の給料体系には、3種類あります。就職する際には、それぞれの特徴をふまえ、希望する給料体系を提示してくれる会社を選択する必要があります。
一つ目は、一般的な他の業界と同様の給料体系で、基本給、勤続給、諸手当などの固定給に歩合給を加算して毎月の給与になります。また、毎月の給与の他に、賞与があり、ボーナスや退職金、福利厚生もあり、一般のサラリーマンに近い賃金体系と言えます。安定した収入を得ることができるのが良い点ですが、今ではあまり一般的ではありません。しかし、地方のタクシー会社にはまだまだあるようです。
二つ目は、毎月賞与の貯蓄をせずに、月の売上に対して一定の割合を給料としている、完全歩合制の給料体系です。歩合の率は、売上の約50~60%と設定されており、短期間で多く稼ぎたい人に向いています。
三つ目は、一つ目と二つ目の給与体系の中間に位置する給与体系です。完全歩合制の形態から毎月積立金を徴収して、年2、3回に分けて賞与として支払われます。会社が毎月きちんと積立をしてくれるので、無理なく貯蓄することができます。今日では、この業界では最も一般的な給与体系となっており、将来のために貯金をしたいという人には、とてもよい給与体系といえます。
また、勤務体系に関しては、4種類あり、基本的には、1勤務あたりの拘束時間が長いかもしれませんが、気軽に働きたいという人や体力には自信がないという人、逆にたくさん働きたいという人、それぞれの人にとって適した勤務体系があります。
一つ目の勤務体系は、勤務日と休日である明け番とが交互となっている隔日勤務で、この勤務体系は、勤務後にしっかりと休むことができるということが特徴です。
二つ目は、平日の昼間のみの勤務である昼日勤です。週5日の勤務形態であり、規則正しい生活を送ることができるため、家族との生活や週末の時間を大切にしたいという人に適しています。
三つ目は、平日の夜間のみの夜日勤です。週5日の勤務形態で、頑張って稼ぎたい、体力に自信がある、夜型生活が得意、などという人に適しています。
三つ目は、パートの勤務体系のことを指す、定時制です。一般的に定年を過ぎてから年金をもらいながら勤務する方は、定時制の勤務が多いです。
これらの特徴をよく理解した上で、求人の情報を収集し、選択することが必要です。

誰でも最初は未経験!手厚いサポート体制があるので初心者の方も安心して仕事を始めていただけます!2005年4月にタクシー業界最大手の日本交通と業務提携し、圧倒的なNo.1ブランド「桜にN」を頂きました!年3回の大型連休も確保可能!お正月、お盆もしっかりお休みいただけます。社屋には民間車検場も兼ねる整備工場があります。エンジニアたちが毎日ドライバーの安全のために車両を整備してくれています。タクシーの求人ならこちら